名古屋で分譲住宅を求める際の大切なポイント

中部地方の最大都市である名古屋で分譲住宅を求める人たちが急増してきています。それには、やはり理由があります。そこに住んでいる人々の人情が気に入っているというのが、この地域を愛する人たちの共通事項です。名古屋で分譲住宅を求める際の大切なポイントを整理してみました。まずは、住宅の種類です。分譲住宅といっても、それは、一戸建て住宅からマンションまでと広範囲です。さらに、新築住宅を求めるか、お値段の安い中古住宅で我慢するかも、大切な選択の条件となり得ます。名古屋の新築物件ですが、マンションと一戸建て住宅で、あまり予算の開きはありません。ざっくりとしたところですが、おおむね3000万円くらいはかかるというのが、新築住宅物件の最低条件です。上を見ればきりがありませんが、4000万円程度が新築物件の標準的なお値段であると考えて、まず間違いありません。5000万円台では、一味違った豪華な住宅を手にすることができますし、物件の敷地面積が広大であるという特徴を兼ね備えています。

名古屋で分譲住宅を求めるならば建売住宅がベスト

そもそも住宅選びというものは、住宅を選ぶ人の家族構成や、家族の成熟過程を勘案して、現在の家族のライフスタイルに一番適合するような物件を選ぶべきです。ここでは、定年退職した夫婦がたどる、ごく普通の場合を考えてみました。結論から先に申しあげますと、この種の住宅選びでは新築の建売住宅がベストです。定年退職を果たされたご夫婦が、名古屋で分譲住宅を求めるならば建売住宅がベストです。それにはれっきとした理由があります。一番大切なポイントは、新築一戸建ての建売住宅では、土地とすでに完成している建物とを同時に購入するので、決断してから入居まで日数がかからない点があげられます。これらの新築建売住宅では、名古屋近辺でも、契約締結してから、わずか一カ月程度で入居できるのが常識となっています。入居するまで数カ月も待たされる物件はオミットすべきです。

退職後、名古屋市で新築一戸建て分譲住宅を求める

定年退職したら、故郷の名古屋に戻り、念願の新築一戸建て分譲住宅を取得したいというビジネスマンたちは、現在の東京都で多く見かけることができます。それにしても、なぜ名古屋なのでしょうか。それには分けがありました。それは中部地方の最大都市であるという文化圏が持つ独特の下町人情ではないでしょうか。実際、東京から、短期出張などで名古屋に戻ると、ほっと安堵のため息を漏らすのはわたし一人だけではないでしょう。無事退職したら、絶対に故郷の近辺で、新築分譲住宅を求めたいです。すでに土地の造成が完了しており、建物が建設中である物件がベストです。新築物件でも、売れないで、長い間放置されていた物件を購入するのには抵抗があります。どうせ住宅を購入するのならば、新築一戸建て住宅で決まりですが、建物が建設中の建売住宅がベストです。建物が完成間近の物件を選ぶのがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*